インプラント|三ノ宮、三宮駅(神戸市中央区)で歯科をお探しの方は神戸三宮 谷歯科クリニックまで

時間 日・祝
9:00〜13:30 /
15:00〜20:00 /
★9:00~17:00 休診日:日祝日
学会等で休診になる場合がございます。
  • 電話
  • メニュー

インプラントImplant

インプラントとは

インプラントとは

インプラント治療とは、チタンで作られた人工歯根に人工歯を装着して、歯の機能を取り戻す治療法です。 顎の骨にインプラントを埋め込むため、入れ歯のような奥地の中に違和感が少なく、強い力で噛むことができます。自分の歯を取り戻したような快適さが特徴です。

当院のインプラントの特徴

安心安全の世界シェアNo.1ストローマンインプラントを使用しています

ストローマンインプラント

一言でインプラントと言っても、世界中に様々なインプラントメーカーがあります。
当院では、その中でも世界シェアNo.1のインプラントメーカーであるストローマンインプラントを使用しています。
世界中で豊富な症例があり、治療後の安全性にも高い実績があるからです。
高い治療技術と信頼できるインプラントを使用することで、安心安全のインプラント治療をご提供いたします。

骨の量が少なくて他医院で断られた方も
骨造成手術で治療ができます

骨造成手術

当院では、骨造成(人工材料を使用して骨を増量する)手術をしてインプラント治療を行うことができますので、他の歯科医院で顎の骨の量が少ないという理由でインプラントを断られた患者様もぜひ一度ご相談ください。

インプラントのメリット

インプラントのメリット

歯を失った時の治療方法には、ブリッジや入れ歯、インプラントがあります。
ブリッジや入れ歯は、他の健康な歯を削る必要があるため虫歯になりやすく、慣れるのに時間がかかってしまうなどのデメリットがあります。
インプラントは手術が必要になりますが、仕上がりの審美性に優れていることや入れ歯と異なりお口の中に違和感がないというメリットがあり、また食べものを強い力で噛めるため毎日の食事をおいしく楽しむことができるというメリットもあります。

インプラントとブリッジ治療の違い

インプラントとは

歯を1本失った場合、一般的にインプラントとブリッジの治療が考えられます。
ブリッジの場合には取り付けるために両隣の歯を削る必要が生じてしまいます。その歯が治療を必要とするものならば良いのですが、健康な歯であった場合には、治療するという理由で自ら寿命を短くしてしまうことになるのです。また、ブリッジの歯の下には食べ物のかすなどが詰まりやすくなり、衛生面で問題があり、歯周病になりやすいなどのデメリットがあります。
その点インプラントは、歯を失った箇所だけに治療を行うことができるので、他の歯の寿命を縮めたり、歯周病のリスクを気にする必要がありません。

インプラントと入れ歯治療との違い

インプラントとは

入れ歯は、入れ歯は装着して使用後は専用液で消毒をするなど取り扱いに手間がかかってしまいます。また、お口の中に装着して使用するため、どうしてもお口の中に違和感があります。
部分入れ歯の場合は、前後の歯を少し削り、支えを作ります。固いものを噛むと違和感があったり、総入れ歯と同様に、外した後は手入れが必要になります。健康な歯を削るので、虫歯のリスクも高くなります。
インプラントは顎の骨にインプラントを埋め込み、その上にかぶせ物をするので、健康な歯を傷つけなくて済みます。インプラントは少し治療期間が長くなりますが、見た目も美しく、自分の歯のように感じられることが最大のメリットです。

インプラント治療の流れ

  1. 1診断・治療計画の作成

    歯の状態を丁寧にカウンセリングします。
    患者様によって、失ってしまわれた歯の数、インプラントの土台となる骨の硬度、治療する歯の位置や、
    その大きさにより、最適な治療方法を選ばせていただきます。
    レントゲンで写真を撮影し、インプラントの治療計画を立てていきます。

  2. 2インプラント治療の前処置

    インプラントを埋め込む前に、インプラント治療をする歯以外の虫歯・歯周病を治していきます。
    また、インプラントを適切に骨に埋め込めるように、骨充填剤などを用いて骨を増やす処置、
    骨造成(こつぞうせい)を行うケースもあります。

  3. 3一次手術

    一次手術

    治療部分の歯肉を切開し、顎の骨にインプラントを埋め込むための穴を開け、インプラントを埋めます。

  4. 4安定期間

    安定期間

    一次手術後、インプラントが骨の中でしっかりと接合されるまでの安定期間を設けます(オッセオインテグレーション)。安定期間はインプラントを埋めた部位や骨の質などで個人差がありますが、約3ヶ月~6ヶ月です。この間は仮の義歯を使用することもできます。

  5. 5二次手術

    二次手術

    顎の骨に一体化したインプラントの頭部を切開により、露出させます。
    人工の歯を取り付けるための、土台(アバットメント)を取り付ける処置をします。
    切開した歯ぐきの状態が、通常の状態に戻るまで約6週間ほどの時間を要します。
    ここまでで、外科処置は終了となります。

  6. 6人工歯の成形・装着

    人工歯の成形・装着

    切開した歯ぐきが健全な状態に戻った際に、口の中と歯の型を取ります。
    歯並びやその形状、歯の色をチェックしていきながら、インプラントを覆うセラミックでできたかぶせものを作ります。
    セラミックの人工歯が完成したら、インプラントへ装着し、治療は終了となります。

  7. 7インプラント治療後のメンテナンス

    インプラント治療後のメンテナンス

    インプラント治療が終わりましたら、1週間後、1ヶ月後、3ヶ月後、半年経過後と、定期的な検査を行います。
    ※検査の間隔は、お口の中の状態などで変動します。
    インプラントの生存率は、10年で 90~95%といわれています。しっかりとメンテナンスを行い、長持ちさせましょう。

顎の骨が少ない場合の治療法

サイナスリフト

サイナスリフト

サイナスリフトとは、上顎に人工骨を流しこむ手術で、術後半年から1年ほどかけて固まったところで、インプラント治療を行います。

骨移植

骨移植

骨移植というのは、患者様から骨を切り取って移植する、もしくは再生療法を用いて患者様の血液由来の成分から骨を創りだして移植するという方法です。
自身の骨ですから、拒絶反応を起こす心配もなく、移植した骨と顎の骨が接合しやすく安全な手術です。

GBR

GBR

GBRとは骨誘導再生法といいます。骨を再生させたい部分に骨補鎮材を特殊な膜で覆い、骨の再生を助けます。半年ほどかけて骨を再生させた後、インプラント治療を行います。

スプリットクレスト

スプリットクレスト

歯茎の骨が痩せてしまったインプラントを埋め込むだけの幅が足りない場合にはスプリットクレストという施術を行います。
スプリットクレストとは、歯茎の表面を切開し骨を分離し広げ、インプラントを直接埋め込みます。
スプリットクレストのメリットは、骨に囲まれる形になるため安定しやすい、外科的侵襲が少ない事から患者様にとって負担の少ない治療方法です。

ショートインプラント

ショートインプラント

顎の骨が薄く、一般的な長さのインプラントを埋め込むと、骨を貫通してしまい危険が生じる場合は、ショートインプラントを用います。その名の通り短いインプラントを使ってインプラント治療を行います。短いと聞くと不安に思う人もいるかもしれませんが、骨としっかり結合すれば安定性に問題はありません。

傾斜埋入

傾斜埋入

顎の骨の空洞である上顎洞を避けて、斜めにインプラントを埋め込む方法です。
骨移植などと比べて、手術の時間と負担を減らすことが出来るのが大きな魅力です。

ALL ON 4

ALL ON 4

インプラントは常に進化しています。なかでもALL ON 4は最新技術の治療法で、総入れ歯や多くの歯を失った人に有効です。
4本の人工歯根を顎の骨に埋め込み、その人工歯根に人工の歯列を装着し、しっかりと固定するインプラント治療です。

インプラントの安全性

インプラントの安全性

顎の骨にインプラントを埋め込む手術のときでも、現代の麻酔技術ではほとんど痛みを感じることはありません。また、インプラントに使われているチタンは骨との結合性が高く、アレルギーなどが起こりにくい親和性の高い素材です。

インプラントのメンテナンスの重要性

インプラントのメンテナンスの重要性

インプラントを長持ちさせるためには定期的なメンテナンスを受ける必要があります。
インプラントは人工的なものなので、本来歯に備わっている触覚や痛覚など機能は回復しません。そのため歯に起きている異常には気づきにくく、インプラント周辺で歯周炎が進行してしまう場合があります。
こうなってしまうとせっかくのインプラントも腐敗したり、機能しなくなってしまい、インプラントの生存率も大きく下がってしまいかねません。
定期的にメンテナンスに来院いただき、適切な状態を維持すれば、インプラントは生涯快適に使用できる治療法です。

ページトップへ