三宮の歯医者,歯科|神戸三宮谷歯科クリニック 住所:〒651-0087 神戸市中央区御幸通6-1-20 電話番号:078-414-8470

セラミック治療

最短で、即日でセラミック修復が可能

セレック当院では、医療先進国ドイツ生まれの、修復物(詰め物や被せ物)の設計・作製システム「セレック」を導入しております。
スキャンした口腔内画像から、患者様のお口に合わせて、スピーディにセラミックの詰め物や被せ物を作製するシステムです。
従来では1週間、2週間とかかっていたセラミック治療が、当院の場合、最短でその日のうちに終了します。また、良質のセラミックブロックを使用しておりますので、天然歯と見分けがつかない美しさを再現できます。
※お口や歯の状態によっては、即日修復できないケースもあります。

セラミック治療の流れ

①歯を削る

セラミックをしっかりと取り付けるため、歯の表面を多少削ります。

②型取り

3D光学スキャナーによって、患者様のお口の型取りを行います。
※従来のような印象材は使用しません。お口の中を、カメラで撮影させていただくのみです。

③修復物の設計・作製

型取りによって得られたデータをもとに、患者様のお口にぴったりと合う詰め物・被せ物を設計します。
設計図に従って、セラミックブロックから詰め物・被せ物を削り出します。

④修復物の設置

できあがった詰め物・被せ物を取り付けます。

保険診療と自費診療の違い

保険診療と自費診療の違い歯科治療は、口腔機能の回復を目的とした「保険診療」と、より高度に審美性と機能性を再現する「自費診療」があります。
一般的に保険診療は“保険が利く”ために安く、自費診療は“保険が利かない”ために高くなります。

保険診療

健康保険が適用されます。そのため、本来の機能の回復を目的とした基本的な治療を、低価格で受けることができます。
ただし、機能性に重点が置かれているため、治療法によっては審美的に優れない仕上がりとなってしまいます。

銀歯のメリット・デメリット

保険診療の場合、詰め物や被せ物を金属で作ることが多くなります。(歯科用プラスチックを使うこともあります。)
この銀歯の多くには、「金銀パラジウム合金」と呼ばれる金属が使用されます。一定程度の安全性が認められている点、安価である点はメリットと言えるでしょう。
患者様にとって気になるのが、見た目の問題です。口を開けたときに目立ってしまうのは、銀歯の代表的なデメリットです。セラミックと比べた場合、汚れやプラークが付着しやすく、二次虫歯のリスクも高まります。
また、金属アレルギーのリスクも残ります。金属を使用している以上は、これまでまったくアレルギーがなかった方にも、発症のリスクが生じます。

自費診療

自費診療は、治療に要した費用の全額を、患者様にご負担いただきます。しかし一方で、治療法や使用する材料に制限がなくなるため、より高度で、審美性・機能性に優れた治療が可能になります。

セラミックのメリット・デメリット

自費診療で詰め物や被せ物を作製する場合には、主にセラミックを使用します。
セラミックは、審美性と機能性、両方に優れた審美歯科素材です。白く艶があり、天然歯とほとんど見分けのつかない見た目に仕上がり、そのレベルは長期にわたって維持されます。また、汚れやプラークが付着しにくい表面構造を持っているため、二次虫歯のリスクは最小限に抑えられます。適度な摩耗性があり咬み合う歯に優しい点も、大きな特徴です。
もちろん、金属を一切含みませんので、金属アレルギーの心配もありません。(メタルボンドのように、一部に金属を使用したものもあります)

被せ物・詰め物の種類について

当院では、主にセラミックを使用した審美歯科治療を行っております。

セラミック被せ物

オールセラミッククラウン

その名が示す通り、すべてをセラミックのみで作るクラウンです。
内側もセラミックであるため、外からの光を適度に透過させます。質感にも優れ、天然歯と見まがうほどの自然な美しさが再現されます。セラミックを使った被せ物はいくつかありますが、その中でも“自然な美しさ”という点ではもっとも優秀と言えるでしょう。
虫歯や歯周病の原因となる汚れ・プラークが付着しにくく、健康面においても優しいクラウンです。
金属は一切使用されていません。

ジルコニアセラミッククラウン

“人工ダイヤモンド”とも呼ばれるジルコニア(セラミックの一種)を内側に使用し、外側をセラミックで覆ったクラウンです。
オールセラミッククラウンと比べて、やや光の透過性に劣る分、耐久性が向上しています。奥歯などの強く噛むところでも、安心してご使用いただけます。
審美性・機能性・耐久性のバランスが良いクラウンと言えるでしょう。
金属は一切使用されていません。

メタルボンド

セラミックの内側を金属で補強したクラウンです。
内側の金属によって光が遮断される分、オールセラミッククラウンやジルコニアセラミッククラウンと比べて審美性に劣りますが、きちんと“白くきれいな歯”に仕上がります。外側のセラミックが、汚れやプラークの付着を防ぎます。
内側に金属を使用しているため、金属アレルギーの方にはおすすめできません。

ハイブリッドセラミッククラウン

セラミックとレジンを混合した「ハイブリッドセラミック」という材料を使用して作るクラウンです。
純粋なセラミックより柔らかいため、咬み合う歯により優しいクラウンと言えます。光の透過性、質感などは、セラミックにやや劣ります。
それでも十分に美しいクラウンであることには変わりありません。レジンを使用している分、比較的安価に作製できます。
金属は一切使用されていません。

詰め物

セラミックインレー

セラミックのみで作られたインレーです。
白く美しいことは言うまでもありませんが、加工しやすく、天然歯との境目もきれいに、凹凸なく仕上げることができます。二次虫歯のリスクを低減させます。
金属は一切使用されていません。

ハイブリッドセラミックインレー

セラミックとレジンを混合した「ハイブリッドセラミック」を使用したインレーです。
白く自然に仕上がり、また咬み合う歯を傷つけることもありません。
金属は一切使用されていません。

ラミネートベニア

詰め物や被せ物とはまた違ったセラミックの活用法です。
歯の表側を薄く削り、そこに加工したセラミックを接着します。被せ物を取り付けるときのように、歯を大きく削る必要がありません。
ホワイトニングで歯が白くならなかった方にもおすすめです。また、多少であれば、歯の形を整えることもできます。

一番上に戻る
TEL:078-414-8470 オンライン予約 お問い合わせ InstagramInstagram 求人案内求人案内