審美歯科・ホワイトニング|三ノ宮、三宮駅(神戸市中央区)で歯科をお探しの方は神戸三宮 谷歯科クリニックまで

時間 日・祝
9:00〜13:30 /
15:00〜19:00 /
★9:00~17:00 休診日:日祝日
学会等で休診になる場合がございます。
  • 電話
  • メニュー

審美歯科・ホワイトニングCosmetic Dentistry , Whitening

審美歯科

審美歯科

審美歯科とは、虫歯や歯周病などの一般的な治療に加えて、見た目の美しさにもこだわった治療を行うことです。
例えば、被せ物を白色のものにし目立たないようにしたり、また歯並びや歯と歯ぐきの色、形を美しく改善することも出来ます。
機能性にも優れており、美しい歯になることで、歯を見せることに自信が持てるので笑顔も自然と多くなります。
人と接することが多い仕事をされている方などに、特にオススメの治療です。

歯科の保険診療と自費診療

歯科治療には、お口の機能の回復を目的とした、保険が適用される保険診療と、より高度で審美性に優れた先進的な治療を行える自由診療というものがあります。

保険診療

保険が適用されるので、機能回復を目的とした基本的な治療を割安で受けることができます。
しかし、機能回復を目的としているので、治療の後が目立って見た目が悪かったり、より先進的高度な治療などは保険適用外となってしまいます。

保険診療
銀歯の特性(保険診療)

銀歯には、一般的に金銀パラジウム合金を使用します。銀歯のメリットは、一定の安全性が確認されており、保険が適用されるため、安価で利用可能なことです。
しかし、白い歯に並んだ銀歯は、見た目が良くない、汚れがつきやすいために虫歯になりやすいなどのデメリットもあります。それだけでなく、銀歯は硬いので歯を傷つけてしまい、噛み合わせに悪影響を及ぼすこともあります。また、セメントで接着しますので、時間が経つとセメントが溶け出し、その隙間に細菌が入り込むことで虫歯になるリスクもあります。

自費診療

自費診療は、全額自己負担となるため、保険診療よりも治療費が高くなりますが、自費診療には様々な選択肢があるため、美しさと機能性を追求した治療をすることができます。保険の適用範囲では治療法や材料が制限されますが、自費診療では自由に選択できるため、症状に合わせた最適な治療や、最先端技術による治療が可能になるからです。
歯並びを良くしたり、歯や歯ぐきの色・形を改善する審美歯科は、美しい口元を手に入れられる治療として需要が高まっています。

セラミックの特徴(自費診療)
セラミックの特徴(自費診療)

セラミックの特徴は、色彩の細かな調整ができるため透明感のある白を再現可能で、自然な仕上がりになることです。経年変色しないのも大きな魅力です。オールセラミックは金属を全く使用しないため、歯ぐきの接触部が黒く変色することはありません。また、金属イオンが溶け出してアレルギー症状を引き起こすこともありませんセラミックは、安全性も高く、詰め物から差し歯まで、審美歯科治療に広く使われる大変優れた素材です。

被せ物の種類

オールセラミック

オールセラミック

オールセラミックの素材にはアルミナ、ジルコニア、e-maxなどがあります。その特徴は、長期間使用しても変色しないこと、強度が高いことです。アルミナよりもジルコニアやe-maxの方が強度の面で優れています。e-maxの方が透明度が高く色も細かに調整できるためより汎用的ですが、欠けてしまう可能性がある場合には、より硬いジルコニアをオススメいたします。見た目の美しさを優先する場合は、オールセラミックと並ぶものはありません。

ジルコニアセラミック

オールセラミック

人工ダイヤモンドとも呼ばれるジルコニアを使用し、セラミックの中で最も審美性・耐久性に優れています。
金属を使用していないので、金属アレルギーの方にも安心してお使いいただけます。
また、歯ぎしりの癖や、強いかみ合わせなどで欠けたり割れたりするのが心配な方にもおすすめいたします。

メタルボンド

メタルボンド

メタルボンドとはセラミックの裏に金属を裏打ちしたもので、金属で補強してあるので耐久性があり、奥歯のクラウンやブリッジの治療に多く用いられます。歯並びや噛み合わせを短期間で整えたい方にもおすすめの方法です。見た目が天然の歯に似ているので、銀歯に比べて印象がよくきれいです。自分の歯の色と似た色調ができます。表面はセラミックですので、歯垢や食べ物の色素が付きにくく、自分の歯と同じように歯磨きの手入れで済みます。

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミックとは、レジンとセラミックを混ぜた素材です。そのメリットは、割れにくく、柔らかいので周りの歯へのダメージが少ないことです。これは、経年変色せず、透明感のある自然な白さを再現できるけれども、割れやすく、また硬いために周りの歯を傷つけてしまう可能性があるセラミックのデメリットを払拭したものです。経年変色は若干ありますが、その程度はレジンと比べると大幅に改善されています。

ラミネートベニア

ラミネートベニア

前歯を綺麗に見せるために、ラミネートベニアという治療があります。前歯の表面を薄く削り、薄いセラミックを貼り付ける方法です。
かぶせ物をするときと違って前歯を削る量を最小限に抑えられるので、元の歯を傷つける度合いが低くなります。そのため、歯の寿命を長くさせることができるのです。

ホワイトニング

ホワイトニング

昔のテレビコマーシャルに、芸能人は歯が命、というキャッチフレーズがありましたが、芸能人でなくとも歯は気になる所です。ニコッと笑った時に、白い歯がちらりと見えたりすると、印象がぐっと良くなります。
ホワイトニング治療は、歯の色素を分解して歯を白くする治療法です。これには自宅で行うホームホワイトニングと歯科医院で行うオフィスホワイトニングがあります。

歯に色がつく原因について

歯に色がつく原因について

歯の色は肌の色と同じように個人によっても異なります。
歯の色の変化については、表面の沈着物や着色物の要因になるものはタバコやコーヒー、赤ワインなどによる表面の沈着物や着色物が原因のものと、加齢による黄ばみなど歯の色自体が変化する2つの原因が考えられます。

ホワイトニングの種類

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニング

歯科医院でおこなうオフィスホワイトニングは、短期間で効果の出やすいホワイトニングです。
事前に歯を綺麗にクリーニングをしてから、ホワイトニング剤を塗って、特殊な光を照射することで色素を分解していきます。
オフィスホワイトニングはその日のうちに効果を実感することができますので、歯医者に行く時間の取りにくい社会人や結婚式を控えて歯を白くしたい女性におすすめです。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニング

歯のホワイトニングといえば歯科で行なわれるものとお考えの方も多いと思いますが、手軽にご自宅できるホームホワイトニングがあります。 ホームホワイトニングを行なうために、まずはお口の型をとり、専用のマウスピースを作成いたします。このマウスピースに歯を白くする薬剤を入れてホワイトニングを行ないます。ホワイトニングには寝ている間にホワイトニングをする方法(タイトタイプ)と日中の2時間程度マウスピースを装着する方法(デイタイプ)があります。

ウォーキングブリーチ

ウォーキングブリーチ

虫歯の治療をしたり、打撲を受けたりして、歯の神経が無くなってしまうと、黒ずんだ見た目になってしまうことがあります。
前歯がそういう状態になってしまうと、話したり食べたりするたびに、気になってしまいます。この場合は、歯の表面を磨いても白くできないため、神経のない歯にホワイトニング剤を流し込んで歯を白くするウォーキングブリーチという治療法を用います。

医療費控除の仕組みについて

医療費控除とはとはかかった医療費の一部を税金から控除することであり、確定申告で申請する必要があります。対象となっているのは入通院・検査・治療にかかった費用や出産にかかった費用、歯科での治療費や医薬品の購入代金などです。ただし、これらの中には控除の対象とならないものもありますし、保険金などで補填されている場合はその分の金額を差し引いた数字となる場合があります。
確定申告の際に一緒に申請することによって、治療費が最大50%戻ってくるというのが医療費控除のという仕組みです。特に高額医療など保険が適応されない・適応されていても非常に高額な医療費がかかった場合などは大きなお金が返ってきますし、自分のものだけではなく家族の分も申請することによって返ってくるので、自費治療を行う際には是非ご利用ください。インターネットで申請をすることも可能です。

医療費控除の仕組み

ページトップへ