三宮の歯医者,歯科|神戸三宮谷歯科クリニック 住所:〒651-0087 神戸市中央区御幸通6-1-20 電話番号:078-414-8470

インプラント

インプラントとは

神戸三宮・三ノ宮でインプラント治療を行う神戸三宮谷歯科クリニックチタン製の人工歯根を顎の骨に埋め込み、その上から連結のためのアバットメント、そしてセラミック製の人工歯を取り付けることで、天然歯が欠損した部分を美しく再現する治療法です。
強く噛め、自分の歯のようにお手入れができ、また美しいお口回りに仕上がります。
虫歯や歯周病、あるいは事故などで歯を失ったときに、その審美性と機能性を回復させるために行う治療です。

当院のインプラントの特徴

神戸三宮谷歯科クリニックのインプラントはストローマンを使用インプラントは、使用するインプラントの材料、適応の範囲などが歯科医院によって異なります。当院では、材料、技術、そして安全性に注力し、多くの方が安心してこの新しい治療法を選択できる環境を整えております。

世界シェアNo.1「ストローマン」のインプラントを使用

インプラントメーカーは世界中に数多く存在しますが、当院ではその中でもシェアNo.1の「ストローマン」社製インプラントを採用しました。ストローマンはスイスのインプラントメーカーであり、世界四大インプラントメーカーのうちの一つです。
申し分のない実績に加え、顎の骨との結合の良さが世界中で高い評価を得ています。現在70カ国以上で愛用されるストローマンインプラントが、患者様の安心と安全を支えます。

骨量が少ない方にも対応できる技術力

これまで、顎の骨の量・厚みが足りずに、インプラントを泣く泣く断念されるケースが見られました。
しかし当院では、人工材料を用いて骨を増量する「骨造成手術」にも対応しております。骨が少ないから、確実な対応ができないから、と他院で断られた方も、一度当院にご相談ください。院内に設置した歯科用CTで正確に顎の骨の状態を調べ、安全に骨造成手術を行います。

歯科用CTで正確に検査し、安全性の高い埋入手術を

神戸三宮谷歯科クリニックのインプラント治療では、CT検査を行いますインプラントは、顎の骨に埋入することで強固に安定を得ます。そのため、顎の骨の状態を正確に知ることが、治療の成否だけでなく、治療後を長く快適に過ごしていただけるかも左右します。
当院では、院内に歯科用CTを設置しております。インプラントをご希望の方には必ずCT検査を受けていただき、より確実なインプラン治療を実現します。

インプラントのメリット

インプラント|神戸三宮谷歯科クリニック健康な天然歯のように強く噛める

インプラントは、顎の骨と結合しています。天然歯に限りなく近い感覚で、強く噛め、ズレたりすることもありません。

天然歯と変わらない美しさと、歯ぐきとの調和

上部構造は白く適度な透明感に優れたセラミックでできており、ほとんど天然歯と見分けがつきません。また、上部構造と歯ぐきの境目も違和感なく仕上がります。

何も入っていないような、異物感が少なさ

入れ歯のような異物感がなく、本来のお口の快適さと変わらない感覚でご使用いただけます。

歯を削る必要がない

ブリッジのように、隣の健康な歯を削ったりする必要がありません。

周囲の歯・歯ぐきに負担をかけない

インプラントは顎の骨に支えられ、1本で独立しています。そのため、入れ歯やブリッジのように周囲の歯や八ぐきに負担をかけることはありません。

自分の歯のようにブラッシングできる

ホームケアでは、これまでと変わらず丁寧にブラッシングをしていただけます。もちろん、フロスなどのオーラルケアグッズの使い方もこれまでと同じです。
※インプラントを長く使用していただくためには、治療後のメンテナンスが欠かせません。予期せぬトラブルを防ぐためにも、当院でインプラント治療を受けた方は、必ず定期的なメンテナンスに通っていただくよう、ご協力をお願いします。

入れ歯・ブリッジとの違い

美しさ・調和性

歯の美しさ、歯ぐきや口元の調和など、あらゆる点で、インプラントは入れ歯・ブリッジに勝ります。
部分入れ歯で必要となる金属のバネなども必要ありません。

噛む強さ

周囲の歯や歯ぐきに支えられる入れ歯・ブリッジと比べて、顎の骨と結合したインプラントは、圧倒的に強く噛むことができます。

毎日のお手入れ

入れ歯は、ホームケアの度に外して洗う必要があります。ブリッジは、両端の天然歯の間を渡すようにして固定するものですから、人工歯の底(歯ぐきとの接地面)、天然歯との境目に汚れやプラークが溜まりやすくなります。
一方でインプラントは、天然歯と構造が変わりませんので、特段以前より虫歯・歯周病リスクが高まるということはありません。また、外さずにそのまま、これまでと同じようにブラッシングをはじめとするホームケアに取り組んでいただけます。

メンテナンス

当院でインプラント治療を受けた方には「インプラントは治療後も必ずメンテナンスに通ってください」とお願いしておりますが、これは入れ歯やブリッジを選択した方も同様です。
いずれも人工素材を使った治療ですので、定期的なメンテナンスが必須であることには変わりありません。インプラントに限らず、快適なお口を少しでも長くご実感いただきたいと考えておりますので、ご協力をお願いします。

インプラント治療の流れ

カウンセリング

まずは患者様のお悩みをお伺いします。基本的には「歯を失ってしまった場所の機能や見た目を回復させたい」ということでいらっしゃいますが、その先の目的は患者様によって異なります。
強く噛めるようになりたい、見た目を特に良くしたいなど、遠慮なく仰ってください。当院では、入れ歯治療も行っておりますので、そちらと迷っている、という方もご相談ください。

診断・治療計画の作成

虫歯・歯周病・事故などによって歯が失われてしまった位置や状態、顎の骨の硬度や量などを正確に知るため、CT撮影を含めた検査を行います。
その上で、患者様お一人お一人に合った治療計画を立てていきます。

インプラント治療の前処置

インプラント治療をより安全に行うため、虫歯・歯周病がある場合にはそちらを優先して治療します。
また、顎の骨が不足している場合には、骨補填材を使用して骨の再生を促す手術を行うこともあります。

一次手術

歯が失われてしまった箇所の歯ぐきを切開し、顎の骨に、人工歯の基礎となるインプラントを埋め込みます。

安定期間

インプラントが顎の骨と十分に接合されるまでの安定期間を設けます。(オッセオインテグレーション)
この期間は、患者様によって異なりますが、おおよそ3~6カ月です。また、仮歯を取り付けて審美性を維持することができます。

二次手術

顎の骨と十分に接合し一体化したインプラントを、切開によって露出させ、人工歯とインプラントを繋ぐアバットメントを取り付けます。歯ぐきからアバットメントの先端のみが出ている状態になります。外科的な処置は、ここで終了となります。
その後、切開した歯ぐきがもとの状態に戻るまで、おおよそ6週間ほど期間を置きます。

人工歯の成形・装着

切開した歯ぐきが十分に回復していることを確認できれば、人工歯の成形のため、型取りを行います。
歯並び、歯の色・形を考慮して、セラミック製の人工歯を作製します。
人工歯が完成すれば、アバットメントに取り付け、治療は終了です。

インプラント治療後のメンテナンス

治療が終了した時点から、1週間後、1カ月後、3カ月後、半年後と、定期的なメンテナンスのためにご来院いただきます。※お口の状態によって、通院間隔は変動します。
適切な治療によって埋入されたインプラントは、10年後も90~95%が正しく機能していると言われています。その達成のためには、メンテナンスは欠かせない工程です。
皆様のご協力を、お願いいたします。

顎の骨が少ない場合の対処法

顎の骨の量や厚みが少ないために、インプラント治療を諦めてしまうケースが目立ちます。
当院では、顎の骨の量を取り戻す「骨造成手術」をはじめとし、そういった方々にも安心して、安全にインプラント治療を受けていただける技術をご用意しております。

サイナスリフト

上顎から人工骨を流し込む外科的な手術です。
サイナスリフトを行ってから半年~1年程度で人工骨が十分に固まりますので、インプラント治療が可能になります。

骨移植

患者様ご自身の骨を移植する方法です。患者様の血液由来の成分から、骨を作り出して移植する方法もあります。
いずれも、患者様の身体由来の骨ですので、拒絶反応を起こす心配もありません。結合も良好です。

GBR

骨の量を回復させたい部分に骨補填材を置き、そこを特殊な膜(メンブレン)で覆うことで、骨の再生を促進します。
骨が十分に再生するまでに、約半年かかります。その後、インプラント治療を行います。

スプリットクレスト

主に顎の骨の幅が不足している場合に行われるインプラントの埋入法です。
顎の骨を正確に分離し、その間にインプラントを埋め込みます。骨が割れないよう、細心の注意と高度な技術が要求されます。
インプラントが顎の骨にしっかりと囲まれて安定し、また他の方法と比べて外科的な侵襲の少ない治療法です。

ショートインプラント

顎の骨が薄く、通常のインプラントを埋入すると貫通する(先端が向こう側へ出てしまう)危険性がある場合には、このショートインプラントを使用します。
短いことに不安を覚える方もいらっしゃるかもしれませんが、顎の骨としっかり結合させれば、安定性に問題は生じません。

傾斜埋入

上顎骨が薄い場合などに、上顎洞を避けて、斜めにインプラントを埋入する方法です。
骨の再生を促す方法なども考えられますが、傾斜埋入を選択することで、手術時間を短く、患者様の負担を軽減することが可能になります。

ALL ON 4

歯を多く失っている方、すべて失っている方におすすめなのが「ALL ON 4(オールオンフォー)」です。
4本のインプラントを顎の骨に埋入し、そこに人工の歯列を装着します。歯列はしっかりと安定します。
分かりやすく言うと、顎の骨に埋入したインプラントに、入れ歯を取り付けた形態のものです。

インプラントのメンテナンスの重要性

インプラントのメンテナンスの重要性インプラントは審美性・機能性に優れた治療法であり、その材料も厳選されたもののみが使用されています。
しかし、あくまで“人工物”であることには変わりなく、触覚や痛みの感覚まで回復させることはできません。そのため、インプラントの周辺で起こっている以上に気づくのが遅れると、インプラント周囲炎などが進行してしまうことがあります。
せっかくのインプラントの審美性や機能性が低下するだけでなく、使用を中止せざるを得ない事態に発展することもあります。
インプラント治療を受けられた方は、必ずメンテナンスにお越しいただくよう、お願いいたします。適切な状態を維持することで、生涯、インプラントを快適に使用することができます。

一番上に戻る
TEL:078-414-8470 オンライン予約 お問い合わせ InstagramInstagram 求人案内求人案内