三宮の歯医者,歯科|神戸三宮谷歯科クリニック 住所:〒651-0087 神戸市中央区御幸通6-1-20 電話番号:078-414-8470

一般歯科

虫歯治療へのこだわり

虫歯治療へのこだわりごくごく初期の虫歯の場合、削らずに、フッ素塗布などの処置で治療することも可能です。適切なホームケアに取り組んだ上で定期健診に通っていただければ、こういった段階で発見・治療することができるのですが、残念ながら、多くの虫歯は、削ったり、詰め物をしたりといった処置が必要になります。
「削る」「詰める」といった治療は、どの歯科医院で受けても同じというわけではありません。当院では、以下のような取り組みにより、少しでも患者様のご負担を軽減し、またご自身の歯を長く残せるよう努めております。

痛みを抑えた虫歯治療

「虫歯治療=痛い」というイメージがまだまだ強く残っています。虫歯治療では、歯を削ったり、麻酔注射をしたりすることもあるため、“痛みゼロ”というわけにはいきません。
ただ、その中でも“痛みを少なく”することは可能です。当院では、痛みを抑えた虫歯治療を実践するため、さまざまな取り組みを行っております。
・歯を削る量を、必要最小限に抑えています。
・「削りますね」「痛みますよ」というお声がけを徹底しています。
・麻酔注射の際には、電動注射器を使用します。一定のスピードでの注入が可能となり、痛みを和らげます。
・注射の前に表面麻酔を塗り、針を刺すときのチクッとした痛みを和らげます。
・注射に使用する針は、極細のものを使用します。
・注入する麻酔液は、体温に近い温度にしてから使用することで、刺激を和らげます。

削る量を最小限に留め、できるだけ神経を残す

歯を削る量が多くなれば、それだけ治療に要する時間が長くなり、痛みも増します。治療のためには虫歯菌に侵された部分を削る必要がありますが、当院では、その量を必要最小限に抑えます。
歯は大きく削るほど、大きなダメージを受けます。少し削って詰め物をした歯と、大きく削って被せ物をした歯では、その後の歯の生命力、機能性に差が生じます。特に神経を取ってしまうと、歯がもろくなり、寿命を縮めることになります。
そういった意味でも、丁寧に、きっちりとした量を削るということは、重要なポイントです。

マイクロスコープを使った根管治療で歯を残す

神経を残すことができればそれに越したことはありません。しかし、中にはどうしても神経を取らざるを得ないケースも見られます。虫歯菌が歯髄(神経や血管)にまで到達している、重度の虫歯です。
そうなると、次に優先すべきは「歯を残す」ことです。汚染された歯髄を放置していれば、歯そのものが駄目になってしまいますので、それは避けねばなりません。
当院では、マイクロスコープを使った精密な根管治療によって、重度の虫歯の場合でも、高い確率で歯を残すことができます。

虫歯の進行について

C0 虫歯になる前の段階です。虫歯菌が出した酸の影響により、歯の表面(エナメル質)が溶け始めています。
ただし、この段階では唾液・フッ素による再石灰化の働きで、溶けた部分も元通りになります。
C1 歯の表面(エナメル質)が溶けて、かつ唾液などによる再石灰化の働きが追い付いていない、初期の虫歯です。
痛みなどの症状はありません。
C2 虫歯が歯の表面より深くなり、象牙質にまで進行した段階です。歯が痛んだり、しみたりします。
C3 虫歯が歯髄(神経・血管)にまで到達した段階です。強い痛みを感じます。
こうなると、神経を残すことは難しく、根管治療が必要になります。治療期間も長く、通院回数も多くなります。
C4 歯がほとんど溶けてなくなり、歯の根だけが残っている状態です。抜歯を検討する必要があります。
ただし、根管治療によって、根っこだけを残すことができる場合もあります。

根管治療について

根幹治療について根管治療とは、虫歯菌に侵された神経や血管などの“歯髄”を取り除き、それらが詰まっていた根管内を洗浄・消毒した上で、薬剤を充填して密閉する治療です。
根管治療後に被せ物を取り付けることで、審美性・機能性を取り戻すことができます。

根管治療には“徹底性”が要求されます。

ただ、根管内の洗浄・消毒、薬剤の充填、密閉の流れは、一筋縄でクリアできるものではありません。少しでも菌が根管内に残っていれば、治療後に内側から虫歯が再発します。また、完全な密閉ができていなければ、治療後に外から菌が侵入し、やはり内側から虫歯が再発します。
根管治療は、各工程において徹底性が要求される、高度な治療です。

根管治療が必要な方

虫歯が進行し、歯髄(神経・血管)にまで達してしまったとき、「削って詰める」という通常の虫歯治療では治すことができません。神経が死に、歯の根に膿が溜まり、抜歯せざるを得なくなってしまいます。
そういった場合に、歯髄を取り除いてきれいにし、さらに洗浄・消毒、薬剤の充填により無菌状態で密閉する根管治療が必要になります。
歯の根を残し、その上から被せ物を取り付けることで、もとの審美性・機能性を回復します。ただし、一度神経を取ってしまうと、歯がもろくなり、歯そのものの寿命に悪影響を及ぼします。
歯を“健康に残す”ためには、あくまで早期発見・早期治療が大切であることには変わりないのです。

マイクロスコープを使用した根管治療について

かつて根管治療は“歯科医の経験”、“指先の感覚”に頼って行われていました。
経験・感覚はいずれも歯科医にとって大切なものではあります。しかし、歯の根は非常に細く、また歯一本一本で異なる複雑な構造をしています。経験や感覚といった、時と場合によって治療の質に差が出るものに頼り切っていては、十分な安全を確保することはできません。
当院では、すべての患者様に高品質な治療を提供するため、視野を3~30倍前後に拡大してくれる「マイクロスコープ」を使った根管治療を行っております。
洗浄・消毒する際にも、薬剤を充填する際にも徹底性が要求される治療ですので、今や安全な根管治療のためには、マイクロスコープは必要不可欠と言えるでしょう。

マイクロスコープを使った根管治療の流れ

初診・検査

まずはお口の中を見せていただき、現状を把握します。
検査により根管治療が必要と判断した場合には、そのことをお伝えし、根管治療がどういったものか、どういった結果が期待できるかをご説明いたします。
根管治療は、通常の虫歯治療より治療期間が長く、また通院回数も多くなります。ご不安な点がございましたら、遠慮なくお尋ねください。
患者様のご同意が得られましたら、根管治療へと進みます。

抜髄

マイクロスコープを使用して、拡大した視野のもと、虫歯菌に侵された歯髄(神経・血管)を取り除きます。

洗浄・消毒

マイクロスコープを使用して、歯髄を取り除いた根管内を洗浄・消毒します。洗浄・消毒の工程は、特に徹底性が要求されるため、何度か繰り返します。

薬剤の充填

きれいになった根管に、専用の薬剤をして密閉します。

被せ物の取り付け

根管の治療が終わっても、歯の根だけが残っている状態です。
審美性・機能性を回復させるため、被せ物を取り付けます。被せ物は、保険診療の金属のもの、自費診療のもの(セラミック治療)からお選びいただけます。

一番上に戻る
TEL:078-414-8470 オンライン予約 お問い合わせ InstagramInstagram 求人案内求人案内