三宮の歯医者,歯科|神戸三宮谷歯科クリニック 住所:〒651-0087 神戸市中央区御幸通6-1-20 電話番号:078-414-8470

入れ歯

どのような入れ歯が必要か

どのような入れ歯が必要か保険適用の入れ歯は、歯の部分も歯ぐきの部分も、歯科用プラスチックを使用します。
一方で自費診療の入れ歯は、材料や作り方に制限はないため、薄いもの、軽いもの、柔らかいもの、強い力で安定するものなど、さまざまな種類があります。
しかし、患者様によって必要とされる入れ歯は異なります。どういった機能に重点を置くか、あるいはそれほど気にならない点はどこか、また費用とのバランスもあるでしょう。
当院では、患者様一人一人が、どういった入れ歯をご要望なのか、丁寧にカウンセリングをいたします。その上で、患者様にご満足いただけるものをご提案したいと考えております。
ですので、ご希望は遠慮なく仰ってください。費用面を含めて、患者様にとってベストな選択ができるよう努めて参ります。

初めての入れ歯・入れ歯に不安がある方へ

虫歯や歯周病、事故などに歯を失ってしまったとき、インプラント以外にも、入れ歯による治療が選択肢の一つとなります。
多くの歯科医院で取り扱いのある「入れ歯」ですが、どこで作っても同じ、というものではありません。当院では、保険診療のもの、自費診療のもの、いずれの場合も、特に以下のような点に注意して、一つ一つの入れ歯を丁寧にお作りしております。
入れ歯

十分なカウンセリングを行います。

患者様のお悩み、またはご希望をしっかりとカウンセリングし、どんな入れ歯がベストな選択かを吟味します。
ご希望が明確であるほど、理想の入れ歯に近づけることができますので、遠慮なく仰ってください。

正しい知識を持ったスタッフが、丁寧に型取りを行います。

型取りは、入れ歯の形を決定する大切な工程です。当院では、正しい知識を持ったスタッフが丁寧に型取りを行います。長く快適に使用していただけることを願って、心を込めて作業にあたります。

咬み合わせを考慮して作製します。

見た目もよく、ぴったり合っていても、咬み合わせが悪ければ大きなマイナスポイントとなります。咬み合わせが悪いというのは、噛んだときに前後左右にズレてしまう、噛んだときに正しく力が伝わらない状態です。
歯や歯ぐきだけでなく、顎に余計な負荷がかかることになり、入れ歯が使いにくいばかりか、他のトラブル(顎関節症、肩こりなど)を招きかねません。
入れ歯を入れることで咬み合わせがどのように変化するか、そしてその咬み合わせが適正なものであるかをチェックしながら、作製にあたります。

特色のある入れ歯を取り揃え、今後も積極的に導入していきます。

保険診療の入れ歯はもちろん、自費診療の入れ歯も多数揃えております。近年はインプラントが盛隆を見せていますが、新しい入れ歯もどんどんと開発されています。今後も、その性能を見極めながら、良いものは積極的に導入していく予定です。

長く快適に使用していただくため、定期的に調整を行います。

どんなに優れた入れ歯も、あくまで人工物です。定期的に調整を行うことで、長期間安定したフィット感、機能性を維持することが可能になります。いつかは作り替えの時期が来るものですが、それまでのお手入れはできる限りサポートさせていただきます。
患者様にご来院をお願いすることになりますが、どうぞご協力をお願いします。

当院の入れ歯について

当院では、以下のようにさまざまなタイプの入れ歯をお作りしております。
レジン床義歯以外は、自費診療で作製する入れ歯です。

レジン床義歯(保険診療)

保険診療でお作りする入れ歯です。
床部分や人工歯は歯科用のプラスチックでできています。ある程度厚みが出てしまう分、これまで自費診療の薄い入れ歯を使用していた方にとっては、異物感が大きくなるでしょう。安定感も、自費診療の入れ歯と比べるとやや劣ります。
ただ、“レジン床義歯だから快適ではない”というものではありません。患者様によって感じ方は異なるため、レジン床義歯でも長くご愛用してくださる方もいらっしゃいます。
費用が抑えられることは、やはり大きなメリットです。保険診療、自費診療に関わらず、丁寧にお作りしますので、安心してご相談ください。

ノンクラスプデンチャー

保険診療の部分入れ歯は、金属のバネ(クラスプ)を天然歯に引っかけて安定します。
ノンクラスプデンチャーは、この金属のバネのないタイプの入れ歯です。歯ぐきにぴったりとフィットし、吸着するようにして安定します。
入れ歯自体も軽く、審美性の面でも優れています。

マグネットデンチャー

お口の中に残っている歯根に磁性金属を取り付け、入れ歯に小型磁石を埋め込み、磁力で安定を得る入れ歯です。
強力な磁力によりズレが少なく、金属のバネもありませんので周囲の天然歯に負担をかけることもありません。
歯根がない場合も、人工歯根(インプラント)を埋め込む方法で対応することができます。また、新たに入れ歯を作製するのではなく、現在使用されている入れ歯を活用することも可能です。

シリコンデンチャー

歯ぐきと触れる部分を、柔軟性のあるシリコンで作る入れ歯です。
安定性がある上、噛んだときに歯ぐきにかかる力を緩和するため、痛みが生じるリスクも少なくて済みます。

金属床義歯(ゴールド)

床部分をゴールドで作る、金属床義歯のうちの一つです。
保険診療の入れ歯より薄く作ることができますので、違和感が少なくて済みます。また、食べ物や飲み物の温かさ・冷たさを伝える力(熱伝導性)に優れ、お食事をしっかりと味わうことができます。

金属床義歯(チタン)

床部分をチタンで作る、金属床義歯のうちの一つです。
チタンは、金属の中でも特に身体に優しく、金属アレルギーのリスクもほとんどありません。
保険診療の入れ歯より薄く作ることができますので、違和感が少なくて済みます。

金属床義歯(コバルトクロム)

床部分をコバルトクロムで作る、金属床義歯のうちの一つです。
保険診療の入れ歯より薄く作ることができますので、違和感が少なくて済みます。金属床義歯の中では、比較的安価に作製できます。
チタンで作る金属床義歯と比べると、多少重くなります。

入れ歯でよくあるトラブル

こんなトラブル、お悩みはございませんか?

  • 入れ歯がすぐに外れてしまう
  • 強く噛めない
  • 咬み合わせが悪いのか、噛むとズレる
  • 入れ歯の歯ぐきへの当たり方が痛い
  • 金属のバネが痛い

当院に初めてお越しくださる方の中にも、さまざまな入れ歯のお悩みをお持ちの患者様がいらっしゃいます。
このようなトラブルを抱えたまま放置していると、入れ歯を長く使用できないばかりか、お口の健康を損なう可能性があります。
また、噛む、喋るといった私たちに欠かせない機能を担う入れ歯の使用に支障があると、毎日の生活の質が少しずつ低下していきます。
当院では、型取りを含めた丁寧な下準備により、違和感の少ない、ぴったりと合う歯をお作りしております。また、自費診療でお作りする精密な入れ歯も多種ご用意しております。
毎日使うものだからこそ、ちょっとしたトラブル・お悩みを放置せず、お気軽にご相談いただければと思います。

使い始めの違和感・痛みについて

特に初めて入れ歯を使用される方は、違和感、多少の痛みが生じやすいものですが、通常は慣れとともに軽減していきます。
しばらく使用しても改善しない場合は、入れ歯が合っていない可能性があります。調整・修理により改善できるケースも多々ありますので、お気軽にご相談ください。

定期的な調整をお願いします。

入れ歯が形あるモノである以上、月日の経過とともに徐々に小さな変形も起こります。また、患者様の口腔の形態も、年齢を重ねるにつれて変化が見られます。
そのため、長く使用していると少しずつズレが生じます。通常、しっかりと作られた入れ歯であれば、このズレは調整で解消することができます。
“少しくらい大丈夫”“そのうちまた合ってくるだろう”と放置していると、そのズレがだんだんと大きくなり、調整や修理ではカバーできなくなることもあります。
長く快適に使用していただくためにも、定期的に入れ歯の調整にお越しいただくよう、お願いいたします。併せて、お口の健康状態もチェックいたします。

一番上に戻る
TEL:078-414-8470 オンライン予約 お問い合わせ InstagramInstagram 求人案内求人案内